sabita / 札幌

11月22(木)・23(金)・24(土)
【 sabita / サビタ (札幌) 】へ参ります。
定員となりました。ありがとうございます

今回で三度目となる札幌行き。

ここのつ的冬の菓子を札幌の皆さんに召し上がっていただける事が嬉しいです。
冬のご馳走「湯気」と共にお待ちしております。

詳細は【 こちら 】を見てみてください。


トークショー / SHISEIDO THE TABLS

銀座にある資生堂
SHISEIDO THE TABLSにて
11月18日(木)19:00〜トークイベントを開催させていただきます。
定員となりました。ありがとうございます。
こちらで告知する前に既に定員となっておりましたが、2名様キャンセルが出ましたので、募集させて頂きます。

詳細は、こちらをご覧下さい。

人生初めてのトークショー。 私の和菓子愛を皆さんに少しでもお伝えできましたら嬉しいです。
お待ちしております。

出版記念茶会 / GINZA 蔦屋書店

この度、中国で活躍される茶人・李曙韻著作の『中国茶のこころ 茶味的麁相』が出版されます。

定員に達しました。ありがとうございまふ。
この書物は中国茶人でもある田中優伊さんと富田直美さんが翻訳、浦川園実さんが編集、安藤雅信さん監修によって角川書店から出版されました。
出版を記念して【 出版記念茶会 】を開催する事となりました。

私は、中国茶・台湾茶に合う菓子をおつくりします。 ぜひ皆さん、この秋は茶に溺れましょう。
.
詳細は、こちら【 銀座 蔦屋書店 】を見てみてください。
.
また、安藤雅信さんによるトークショーも開催される予定です。
多くの方に安藤さんの面白くためになる話を聞いていただけますように。
詳細はは、こちらを見てみてください。

出版記念茶会 / 白金

この度、中国で活躍される茶人・李曙韻著作の『中国茶のこころ 茶味的麁相』が出版されます。

この書物は中国茶人でもある田中優伊さんと富田直美さんが翻訳、浦川園実さんが編集、安藤雅信さん監修によって角川書店から今月出版されます。
それを記念して【 出版記念茶会 】を開催する事となりました。

定員となりました。ありがとうございます。
一昨年から陶作家の安藤雅信さんとは東京・多治見を中心とし、各地で中国茶会を開催してきました。

この茶会では、安藤雅信・浦川園実・富田直美がそれぞれの茶席を持ち、全ての席に入って頂けるようご案内致します。
私は、三席それぞれの席で選ばれた中国茶・台湾茶に合う菓子をおつくりします。

一度に三席も味わえる事なんて。ぜひ皆さん、この秋は茶に溺れましょう。

以下、詳細
『中国茶のこころ 茶味的麁相』出版記念茶會 in 東京

【日時】 
10月7日(日)
第1回 13:00〜15:00
第2回 16:00〜18:00

10月8日(月)
第1回 10:00〜12:00
第2回 13:00〜15:00


【場所】
ミナ ペルホネン プレスルーム 
*詳しくはお申し込み後にお知らせいたします。

【内容】
3つの茶席で中国茶とお菓子をお楽しみいただけます。
淹れ手:安藤雅信、浦川園実、富田直美 茶菓:菓子屋 ここのつ
お土産:minä perhonen * momogusa コースター
各回18名

【茶席料 】
10,000円(書籍付き)
すでに本書をお持ちの方は 8,000円でのご案内となります。
*会場では本書の販売もございます。
『中国茶のこころ 茶味的麁相』 
2,484円(税込)

【お申し込み】
ご予約は、9月4日(火)20時よりメールにて開始となります。

1 氏名
2 ご参加人数
3 ご希望日時(第2希望までお選びください)
4 アレルギーのある方はアレルゲンを記載
5 10,000円(書籍付き)か 8,000円(書籍なし)の選択
6 ご住所
7 ご連絡先(当日ご連絡がとれるお電話番号) 

以上をご記入のうえ
9mizoguchi@gmail.com までメールをご送信下さい。
ご予約連絡をいただいた全てのお客様に9/12までに返信いたします。

上記は申し込み専用アドレスです。
書籍または茶会についてのお問い合わせは
sosou.contact@gmail.com までご連絡下さい。

【お願い】
*受付開始日時前のお申し込みメールは無効となりますのでご注意ください。
*複数人でのお申し込みの場合も、お席の振り分けはお任せいただくようお願いいたします。
*お支払い方法はご返信のメール内でお知らせいたします。
*キャンセルは受け付けておりません。
万が一の場合は、一番信頼のおけるご友人に御席を託して下さい。
ご理解のほどお願い致します。

中国茶と菓子で皆さまと良い時間をご一緒できます事、愉しみにしております。
.
.
『中国茶のこころ 茶味的麁相』
現代中国茶に新しい風を吹かせた 李曙韻による精神と思想を綴った日本初の著書
著者/李曙韻
監修/安藤雅信
2018年9月21日
(株)KADOKAWAより発売
2,484円(税込)

中国でいま最も注目を集める茶人、李曙韻が現代中国茶の真髄を伝える本邦初の著書。
日本文化にも造詣の深い著者が、茶の根底に流れる中国思想や古典、『茶経』にも書かれている茶道具の由来から、淹れ方の変遷にまで触れた読み応えのある一冊。
台湾の写真家、蔡永和氏による美しく情緒ある写真はもちろんのこと、最新の茶席写真なども掲載している。
本書は台湾で上梓された『茶味的麁相』、簡体字版『茶味的初相』に次ぐ翻訳本で、陶作家の安藤雅信氏によるインタビューや茶道具などの解説が新たに加えられている。

著者略歴
李曙韻(リ ・ シュウユン)
シンガポール出身。
台湾留学を経て、茶の活動を開始。
1996年、台湾にて「人澹如菊茶書院」を設立。
数々の独創的な茶会を主宰する傍ら、現代茶人の文化的素養の育成にも尽力。
2012年大陸に渡り、北京と杭州に「茶家十職」、深圳に「茶家生活」を展開するとともに、活動の拠点を深圳へ移す。
現在は中国各地に門下生を持ち、最も注目されている茶人のひとりである。

監修/ 安藤雅信(あんどう まさのぶ) 
1957年多治見市生まれ。陶作家。
「ギャルリ百草」主宰。
和洋問わず使用できる日常食器茶道具に加え、彫刻作品も制作。
また、茶事教室「胡乱座」を通して新しい茶の湯と中国茶を提案。
美術・工芸・デザインの壁のない生活工芸を提唱し、海外にも発表の場を拡げている。

10cm+菓子屋ここのつ 「果実」

年に一度の9月9日
私にとって9/9は、菓子屋ここのつと名を決めてからというもの【 特別な日(ここのつの日) 】となっています。
今年は、松本 10cmで皆さんと実り多い時間を過ごす事ができたら嬉しいです。

定員となりました。ありがとうございます。
三年目の「 10cm+菓子屋ここのつ 茶寮」
今回は、長野の美味しい果実をより美味しく菓子にします。菓子に合わせた茶もお愉しみいただきます。
そして皆さんも私も大好きな三谷龍二さんの器でお召し上がりいただきます。

みなさんにとっても9/8・9/9特別な日となりますよう準備してお待ちしております。


※メールにて、受付開始となりました!

以下、【 10cmホームページ 】より

9月8日(土)・9日(日)
菓子屋ここのつ + 10cm 「果実」

採れたての信州の果実、溌剌とした湧き水を使い「菓子屋 ここのつ」の茶寮を行います。
菓子5皿、茶5種のコースを三谷龍二の器でおたのしみいただきます。

8日(土)
1.11:00 - 13:00
2.14:30 - 16:30

9日(日)
3.11:00 -13:00
4.14:30 - 16:30

○参加費:7,000円
○各回定員 6名 要予約
wood@10cm.biz まで
メールにてお申込みください。

期間中、「ここのつ20選」の器を販売いたします。こちらはご予約なしでご覧いただけます。

この季節・ 10cm(松本)でしかできない菓子をご用意してお待ちしております。

| 1/13PAGES | >>